結婚指輪ブランドの口コミ&評判カタログ
HOME » 一生愛せる結婚指輪の選び方 » ダイヤモンドの価値基準

ダイヤモンドの価値基準

ここでは、ダイヤモンド選びに重要な「4C」をはじめとするチェックポイントについてご紹介しています。

ダイヤモンドは4Cのコンビネーション

ダイヤモンドの価値を評価する際に基準となるのは、色(Color)、重量(Carat)、透明度(Clarity)、形のバランス(Cut)の4つ。これらの頭文字が全てCであることから、4Cと言われています。

それぞれ、どのような基準なのか見ていきましょう。

色(Color)

パッと見ではわかりませんが、ダイヤモンドは無色~薄い黄色が自然な色。無色に近いほど輝きが美しく、希少価値があるといわれています。

ダイヤモンドには、それぞれ微妙な違いがあります。それぞれに違う美しさを持っています。透明な色を好む人もいれば、イエロー系が好きな方もいて、好みにも個人差があります。

重量(Carat)

ダイヤの価値として一番言われるのがこれ。男性でもご存知の方は多いでしょう。ちなみに、1カラット=0.2グラム=約6.5mmだそうです。こちらも、どのぐらいのものが良いのかは好みの問題になってきてしまいます。

婚約指輪なら大粒で華やかなものを、結婚指輪なら小粒のものをいくつか…というのが一般的です。

透明度(Clarity)

ダイヤモンドは天然の鉱石なので、まったく不純物が含まれていないものは滅多にありません。どのダイヤモンドにも内包物があり、この数によって価値が変わります。

もちろん、内包物が少ないほうが輝きもよく、価値も高くなります。判断は10倍の拡大鏡を使って行われるため、軽度の内包物があると判定されていても肉眼ではほぼ見えないものと思ってよいでしょう。

形のバランス(Cut)

色、重量、透明度はダイヤモンド自体の素材で決まりますが、カットだけは職人の技量で価値が決まります。バランスよくカットされていれば、それだけで宝石の輝きが変わってくるので、大変重要な要素です。 他の3要素が良くても、カットがダメではせっかくのダイヤモンドの美しさが半減してしまうことになりかねません。

ダイヤモンドを購入するなら、ぜひ、カットにはこだわってみてください。

4C以外の重要ポイント

形状(Shape)

一般的なダイヤモンドの形は、ブリリアントカットと呼ばれ、上から見ると円形、横から見ると5角形に見える形(正式には58面体)。しかし、ダイヤモンドの形状はこれだけではなく、エメラルドのような四角形、楕円形、涙形、ハート型、蝶型など、様々なバリエーションがあります。

蛍光性(Fluorescences)

ダイヤモンドには蛍光性を帯びているものがあり、これが強いものになると、真っ暗な部屋でブラックライトを当てると真っ青に光ったり、太陽の下でもほんの少し色づいたようになるものもあります。 価格には影響はないのですが、色のグレードが高いほど蛍光性は無くなります(ダイヤモンドの透過性が高いので)。 色のグレードが低いダイヤモンドは黄色っぽいという話をしましたが、あまりこれが感じられないのは青色の蛍光性が黄色を打ち消すからだと考えられています。

他にも、輝き(Brilliance)、分散した光の虹色(Fire)、閃光のような反射(Scintillation)など、いくつか評価基準はありますが、ダイヤモンドのグレードの高さとキレイな輝きは、イコールではないそうです。

やはり、実際自分の目で見て確認するのが一番良い選択方法なのです。

結婚指輪ブランドの口コミ&評判カタログ