結婚指輪ブランドの口コミ&評判カタログ
HOME » 知っておきたいブライダルリングのミニ知識 » 結婚指輪はプラチナ?ゴールド?

結婚指輪はプラチナ?ゴールド?

プラチナ、ゴールド、シルバー、チタンなど、指輪に使われる金属にはそれぞれ特性があって、「どれを買えばいいのかいまいちわからない…」と悩む方もいるでしょう。ここではそんな指輪の素材について、長所・短所を含めたそれぞれの特徴をまとめてみました。

金属の特徴を活かした指輪選び

現在、日本では結婚指輪の素材にプラチナを選ぶのが主流ですが、最近では若い世代を中心に、ゴールド(ホワイトゴールド、ピンクゴールドなどを含む)も人気が出てきているそうです。
結婚指輪は一生モノですから、デザインはもちろん、丈夫かどうかも気にしたいポイント。結婚指輪にふさわしい材質とは?

プラチナ

プラチナの結婚指輪の画像

【特徴】

 ◆ダイヤモンドとの相性が良い
 ◆変質しにくく、傷がつきにくい
 ◆希少価値が高い

プラチナの最大の特徴は、その白い輝きがダイヤモンドによく映えるという点です。
その上、変色しにくく、その輝きがいつまでも失われないことから、「変わらない愛」を約束する結婚指輪に多く利用されています。

また、埋蔵量が少なく、希少価値が高いことから、特別な贈り物である結婚指輪にはぴったりの金属であるとも言えます。

ゴールド

ゴールドの結婚指輪の画像

【特徴】

 ◆プラチナと比べて価格が安い
 ◆変質しにくく、傷がつきにくい
 ◆日本人の肌の色に合う

日本では結婚指輪といえばプラチナが主流ですが、欧米ではゴールドのものが主流です。

ゴールドはプラチナと違い、その色のためにダイヤモンドと合わせるにはあまり向いていない金属なのですが、逆にその黄色がかった色が、イエローベースの日本人の肌にはよくなじむようです。

ゴールドは傷がつきやすいイメージがあるかもしれませんが、実は強度はプラチナとそれほど変わりません(加工や他金属の配合などによって変わりますが)。
最近では一口にゴールドと言ってもホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールドなどバリエーションも豊富です。

コンビ(プラチナ+ゴールド)

コンビ素材の結婚指輪の画像

【特徴】

 ◆個性的なデザインが作れる
 ◆両方の金属の良いところをとれる
 ◆サイズ直しが難しい

最近ではプラチナとゴールドを組み合わせたデザインのものも人気。
ゴージャスな感じが出ますし、常につけるものだからこそ、他のアクセサリーと組み合わせたりしておしゃれを楽しめるのが魅力です♪

ただ、プラチナとゴールドはそれぞれ熱による膨張率が違うので、時が経って指のサイズが変わっても、指輪のサイズ直しは難しい場合も…。購入する際にお店に確認しましょう。

その他・・・シルバー、チタン

シルバーは価格が手頃で、明るい輝きを持つのが特徴。ただし、色が黒ずみやすいので、定期的なお手入れが必要になります。

チタンは、軽く丈夫で、他の金属に比べて金属アレルギーが出にくいというメリットがあります(絶対にアレルギーが出ないわけではないです)。
プラチナなどと比べるとまだ珍しい素材ですが、金属アレルギーが気になる方はチェックしてみるといいかもしれません。


素材によって、メリットはさまざま。自分たちの予算や好みを考えて、納得のいく指輪を選んでくださいね。

結婚指輪ブランドの口コミ&評判カタログ